三度目の家購入:HMで建てる注文住宅のブログ

三回目の家の購入として注文住宅に挑む日記
一回目はマンション、二回目は建売。三回目は注文住宅。
転勤続きで売却購入これで三度目の住宅購入。ことわざ通り?三度立てれば満足いく家が建つか・・・・こうご期待。

7月20日、ついに着工。

昨日着工金を支払い、ついに本日着工です。基礎をお盆前にやってしまう予定。しかし、リビングや他の部屋の内装がまだ決まってない。さっさと決めねば。




玄関は吹き抜けで下記のシャンデリアライトを考えています。下記は中国の業者です。デザインは明らかにアメリカなんですが、ヨーロッパ田舎レトロとか表記はめちゃくちゃですね。物が届きましたが(そのまま日本では安全規制上使えないので日本仕様化が必要なものの)デザイン自体は悪くなかったです。Aliexpress恐るべし。


日本ではそのまま使えない(LEDが暗くなるか点灯しない恐れあり)ので、日本の照明業者に日本仕様化の見積もり中。物が約25000円なのであまり高い値段を言われなければよいです。

洗面化粧台の結果

結局葛藤はありましたが、やめました。
まず、ルミシスはやめました。ほぼ定価になり、セットで変更すると高すぎるのと、Lixileにあまりお金を落としたくなかったため。


そのかわりに、ルミシスのミラーボックスと、LCの洗面台の組み合わせも考えました。それでも、洗面化粧台を変えない限りやぼったさは変わらない。 プラス8万円で手かざしで電気がON OFFでき、コンセントが鏡の裏に隠れる。ただし、ドライヤーの収納はLCのミラーボックス方が上。うぅむ。ここは、LCにしときましょう、ということになりました。差額発生する割に満足度が。電源コンセントが見えないように、尚且つデザインをあげて造作化粧台にしていくためには、差額が20-30万くらい出てしまうようです。


ここはLCで。洗練されてないけれど、収納、洗面台の使い勝手など考えると下記で妥協。納得。TOTOのほうが鏡が曇りにくくて、洗面台ボウルが汚れにくく、水栓もよごれにくいなどもあるが、ここは標準で妥協納得。


しかし、今住んでいるダイワハウスの賃貸の洗面台。サイコーですね。よく考えられてます。安っぽくなく、いろいろな人が使いやすいようにできてます。


ショールームの印象って大事

お陰様で土地を購、入し、7月末前に着工予定です。


週末Lixileショールームにいったら、20万円のキャッシュバックセールということで楽しみに申込書を見たら、台所も、浴室も最上級モデルを採用しないと達しなさそうなことが判明。どおりでお金のないお客さんの相手している時間ない的な扱いをされたのは、今月はお金持ちのお客さん相手の商売の月だから?


まあ、汚い自転車で乗り付けて小汚い格好してショールームへ入った私がいけないわけではありますが。頼んでもないのに一番お金のかからなそうなの選んでおきますねと。そういう扱いを受けてまで標準からグレードアップなどしたくならないわけで。Lixileのショールームは三回目で一回目と二回目はとても対応がよかったのですが、三回目で↓。
ルミナスはうちのHMではほぼ定価になってしまうんですがものの作りはよいんですがね。例えば生活感が出るコンセントが隠れていたり、手かざしでLEDがついたり。


とはいえ、(この商品においては)不快な思いをして標準を上げてLixileにお金を払いたくないので、既製品で同じものを検討していたところ、下記を発見。下記の組み合わせなら半分以下の金額で同じことが実現できそう。Yさん無理聞いてもらえるかな・・・