三度目の家購入:HMで建てる注文住宅のブログ

三回目の家の購入として注文住宅に挑む日記
一回目はマンション、二回目は建売。三回目は注文住宅。
転勤続きで売却購入これで三度目の住宅購入。ことわざ通り?三度立てれば満足いく家が建つか・・・・こうご期待。

引渡し前から入れる(?)地震保険

SBI短期保険からは一円ももらっていませんが下記に記します。
下記は私の家に関して問い合わせた結果です。個別の事例に一般化できないと思うので、気になる方は必ず加入前に問い合わせてください。


リスタという地震保険の紹介を先日しました。仕組みを調べたところ、地震で被災して保険金を請求する際に必要なのは、所有者であることを証明するための登記簿、り災証明書等のようです。また、住む前1年前から居住者とみなすという表示もありました。登記簿は必須なのか電話で問い合わせたところ、必ずしも必須ではないとのことでした。家の損害を補填することを目的とする契約ではなく、「地震災害後に住居を失った被災者の生活の支援」を目的」とする保険であるため、登記がなくても契約書などがあれば、保険金支払事由に該当するか個別具体的に判断するとのことでした。自治体にり災証明書を発行してもらうハードルはありますが(後述)、地震の時点で引き渡しを受けていること自体は直接の要件とはなっていないようです。


下記は、私の自己判断です。
被災して、り災証明書が出ることで建っていた家の被害の程度が証明でき、請負契約書で引き渡し予定日が近かったことが証明できれば、登記されている必要は必ずしもない可能性はあるように感じました。ただ、建築中の家に対して「り災証明書」が出るかどうかは各自治体の判断によるようなので、そっちの方がハードルになるかもしれません。万一被災したら、契約書上被害を被るのが自分である場合、行政当局と交渉してり災証明書を出してもらう必要はありそうです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。