三度目の家購入:HMで建てる注文住宅のブログ

三回目の家の購入として注文住宅に挑む日記
一回目はマンション、二回目は建売。三回目は注文住宅。
転勤続きで売却購入これで三度目の住宅購入。ことわざ通り?三度立てれば満足いく家が建つか・・・・こうご期待。

アラウーノV、リフォレお掃除対決

こんにちわ、仙吉です"(-""-)"
ご沙汰しております。


アラウーノVは2か月近く使って水漏れなどなく、快適です。
便器も水垢などの汚れもつきにくい感じですが、今日はお掃除です。
便器はきれいにお掃除できるか?という観点では、便座の奥がきになりますよね?


アラウーノV


トイレと同様便座と手洗い大の間はこのようにあけておそうじできます。


このようにもちあげて、死角ができないようにお掃除はできるようになっています。
ただし、コードがある便座なので、コードは外さない限り手で持って支えながら雑巾を動かす必要があります。恐らく正式にはコードははずしてやるんだろうと思います。感電の恐れがありますので。ちょっと面倒ですかね。便器が落ちないよう少しずらして吹きます。


お掃除ポイントというか汚れポイントの二つ目は、便座と床の間です。
子供が「そそう」で小を便器の前部分にこぼしたりするなどした場合、毛細管現象で便器と床の間に浸透してしまうという問題はあります。この「そそう」を水漏れと誤認してサポートコールがかかる事例が多いようです。この浸透を防止するためのガードが売ってましたので設置。


アラウーノVはこれくらいにして、リフォレもお掃除しやすく出てきます。ぼけてしまいましたが、便器横や、便座の下。これは、持たなくても掃除しやすい。ここはリフォレの勝ちです。
以下リフォレ 手で持っていなくても持ち上がってます。


リフォレ




繰り上げか、貯金か。

住宅ローンの手数料は払っている状態で、手元に現金の余裕が出来た。これを繰り上げ返済するか、貯金するか。


これは、完済がX年後として、手元の現金を堅実に運用した利回りが、住宅ローン控除で期待される控除額の合計との比較を考えることはもちろんですが、「現在の現金」はそれなりの価値がある点にも留意します。キャッシュフロー(手元の現金)という考えです。万が一物入りになった場合や収入が下がった場合、手元に現金があれば、それを返済及び生活費に充てることができますが、繰り上げしてしまうとそのような現金のやりくりの選択枝がなくなります。一方で、手元の現金が厚いと自分が借金していることを忘れがちになり見通しが甘くなることもあります。逆に、手元の現金が薄いと倹約志向になり中長期では貯蓄や資産が形成される可能性も出てきます。


利回りだけでなく、キャッシュフローや、手許現金が薄いことによる貯蓄効果にも目を向けた総合的な判断が必要です。こればかりは好みというか、「人生の経営判断」になります。


銀行指定の司法書士さんでよい理由(売却・購入)


個人的には、売却時は、相手の方や銀行と合意がとれれば、例えば、ネットで見つけられる一見さんの司法書士さんで十分かとも思います。


ただし、購入時は、融資をうける場合、銀行は、司法書士さんを指定してくることもあります。指定がない場合もありますが、信頼のおける従来型の物件に近い地元の司法書士さんであって地元の金融機関と取引のある司法書士さんを私は選びました。安心感もありますが、購入した土地が相手が個人かつ区画整理地などで少し登記が特殊な面があったこともあります。土地取引で登記の段取りを失敗すると、融資などにも響きますし、アパホテルをだましたような地面師(他人になりすまして架空取引をでっちあげる業者)は何億もする土地しか扱わないもしても、やはり心配です。司法書士さんの仕事は、登記に関わる当事者の本人確認、意志、登記などの依頼内容を確認して、実情に合うように登記して頂くことです。単に書面を作成して出して終わり、ではなく、きちんと確認された当事者が、きちんと意志を持っていることを確認して頂けます。当たり前のことではありますが、当たり前のことが当たり前に確認されていないと、犯罪に巻き込まれたり、段取りが悪いと登記の失敗や遅延などにつながりかねない、という私は心配性です。誤記のない書類を当日持ってきていただき、融資実行のタイミングや登記実行など滞りなく進めてきましたが、それを一見さんの先生に少なくとも購入時にやっていただく勇気はありません。見積もり取ればわかりますが、報酬などはかわっても10万変わらないと思います。個人的には、10万で安心を買えれば安いです。


「専門家」は、難度の高い案件を依頼しても「XXについてはやったことがない」とは決して言いません。ですが、同業者から見たら、資格を持っていても「XXをやったことがない専門家」には怖くて頼めません。私も仕事である法的な国家資格を持っていますが、仕事をアウトソースすることもあります。その際、アウトソースする際選ぶ視点としては、国家資格といえども資格持っているだけでは、絶対ダメ。実務に慣れ親しんでおり、仕事が実際に間違いないという実績が重要です。定期的にアウトソースする前にトライアルもやります。個人ではトライアルはできないのですから、信頼のある機関、例えば融資を受ける銀行支店が使っている司法書士を使うことには合理的な理由があると思います。銀行はそれなりの額のお金をその司法書士の手続きの信用のもと、貸している実績がある、それは参考になる事実だと思います。


結果、よかったです。工事の都合等で建物の引き渡し書類(登記に必要)がギリギリになりました。また、区画整理地だったので、区画整理組合などとのやり取りも必要でした。地元の司法書士さんと土地家屋調査士さんが連携して段取りをして奔走し、追加料金なしで登記を確実に間に合わせてくれました。一見さんの遠方の司法書士さんだったらこのような動きは多分無理だったと思います。