三度目の家購入:HMで建てる注文住宅のブログ

三回目の家の購入として注文住宅に挑む日記
一回目はマンション、二回目は建売。三回目は注文住宅。
転勤続きで売却購入これで三度目の住宅購入。ことわざ通り?三度立てれば満足いく家が建つか・・・・こうご期待。

マンション vs. 一戸建

おはようございます。仙吉です"(-""-)"
マンションか、一戸建てか。結論から言うと、好みでしかないと思います。といってしまうと身もふたもないのですが、私の独断と偏見(好み)を下記にかいてしまいます。


実際両方に既に住んでいる経験からすると、個人的には庭もあまりしないのでマンションは住みやすくてとてもイイ!です。ただし、DIY的な要素が嫌いでない点と、中長期では一戸建てが管理資産処分などの点で自分のコントロール下におけるので安心という感触があり、三回目の家は一戸建てにしています。

  • マンションのメリット

ワンフロアーにすべて集まっており、最近のマンションは動線が非常に便利
これは一戸建てに住むとわかりますが、マンションの最大のメリット。家の中での毎日の階段昇降の動作がないというのは本当にストレスがないになります。一戸建てでは三階建では、洗濯、着替え、風呂、食事、外出時支度などどんなに動線を工夫しても上下階の移動がはいり、一定のストレスはあるものです。
・管理費を払えば掃除やアメニティ、付属設備が利用出来て満足度が高い場合がある。
・戸数が多ければ人づきあいが面倒な人は人づきあいをしなくても浮かない


  • マンションのデメリット

・広さに依存して大規模修繕費用(12年目、20年目、30年目)、および、管理費(月1万ー2万)、駐車場代がかかります。大規模修繕費用は総戸数にもよりますが、マンションの総戸数が少ないと20年目ー30年目だけで200万~500万くらいかかる例もあるようです。マンションは同じ立地で同じ広さだと安く買えるように見えるが、価格を1.5-2倍しないと一戸建ての価格との比較対象にならない、といわれることがあるのはこれらのためです。


上下階、隣戸の音が気になる。これは住民次第ですが、音がしないことはあり得ません。


・マンションは建て替えを決めるのは相当年数が経過してからと覚悟する必要があります。生きているうちには老朽化で立て替えたいと思ってもどうにもならないことが多いであろうことを覚悟すべきです。築30-40年のマンションは都心部の一部を除いて数百万円で売買されることが多く、30-40年後は家賃や住宅ローンはかからなくなりますが、都心部を除いて老朽化したマンションは資産としてはそれほど期待出来ない場合が多い


・子供が大きくなったら3LDKは少し狭いかも。しかし老後は丁度良い。


  • 一戸建てメリット

マンションデメリットの裏返しが多いです。
一戸建てもメンテ費用(屋根や外壁、水回り整備で30-40年間で200-400万程度)はそれなりにかかりますが、あれはやって、これはやらない、など予算にあわせて最低限にするなど自分で制御できる点は安心です。


また、古家は日本では無価値になりますが、いくら減価しても土地の価値は残ります
人口は減っても便利な場所への需要は減らないようで、田舎の土地は少なくとも将来は投げ売りですが、便利かつ環境の良い土地の価格は人々が払える額に貼りついて下がらないはずと考えています。ターミナル駅の駅近であれば、資産価値は家の価値がゼロにはならない。なっても投資額の3分の1くらいで下げ止まるのではないか、と楽観的過ぎる見通しを立てています。老後、何かあったときはリバースモーゲージで現金化しやすい程度の資産としては期待しやすいと思います。


私はいらないですが、庭が持てます。あと、駐車場代がいらない、というのもメリットです。


  • 一戸建てデメリット

間取りが三階建てだとかなり移動がつらいです。二階でもマンションの間取りにはかないません。町内会など、行事や人づきあいが苦手な人は面倒と感じる人もいるかもしれません。逆にそういうのがないと味気ないという人にはメリットになります。
4LDKは子供が大きくなったら丁度良いですが、子供が独立して夫婦になると無駄なスペースが増えます。孫が来たら止まる部屋と割り切ればよいですが、減築しない限り空き部屋に無駄な税金を払うことになる、とも言えます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。